Bibouroku

備忘録、つれづれ。

女性ホルモン

ドラマ あなたのことはそれほど

 夢中です(笑)涼ちゃん、こわいです(笑)

主役の美都、「おいおい!」って方向にむかってるけど、ほんとにこういう人いますよね。自分の身近にもいました。相手の奥さんが悪いのよ!っていってる。でも、結局だれもしあわせになれないかんじ。渦中の本人は気づかない(気づきたくない、が正解かも)。

わたし自身は、長いあいだずーっと、身近にそういう人をみてきたってこともあって、不倫はなし、っておもってます。ドラマはドラマだからおもしろい。前の日記で、かれがカラダの浮気しててもいいっていったけど、結婚したら話は別かな。。。んーでも、そこにキモチがないなら、、、どうですかね。なんか、たとえば、昔なんかでみたかきいたか、銀座とかの一流のホステスさん、を相手にするような男性、の奥さんたちって、そのホステスさん、にお歳暮とか送るって。いつもうちのがお世話になってます、みたいな。それは、なんか、かっこいいですよね。余裕がある女性、というか、つつましいというか。まぁ、別にわたしのかれは、そんな一流クラブに通うような人ではないので(笑)、わたしが一流ホステスさんにお歳暮を贈ることは一生ないと思いますが、でも、そんなココロの余裕もてる女性って強いなー!という憧れはあるという話。

人のキモチなんて、白黒つけられるものじゃないですよね。女性って、女性ホルモンの影響?で、キモチがすっごいかわるじゃないですか?先週はかれにあいたくてあいたくて仕方なかったのに、なんか今週はむしろ、メールするのもめんどい、ぐらいの(笑  

自分がすっごい冷めてるときとかやっぱあるんですよ。大丈夫かなわたし?みたいな(笑)で、そういう時にたまたま他の男の子から連絡きたりすると、ちょっとデートしてみようかな、って思っちゃったりしますよね?女性ホルモンってこわいですね(←ホルモンのせい、笑)

こんなふわふわしてるぐらいじゃ、女性としてまだまだですかね(笑